デビルズラインはアマゾンプライムやTSUTAYA TVで配信されてない?視聴可能なサイトは?

デビルズラインの画像

2017年7月にアニメ化の発表がされ、2018年4月7日(土)より放送が開始されたアニメ「デビルズライン」ですが、見逃してしまった方やもう一度見返したい方も多いのではないでしょうか?

そこで、アマゾンプライムやTSUTAYA TV、その他の配信サイトで見ることができないか調べてみました。

デビルズラインを視聴できる動画配信サービスは5つ

アマゾンプライムやTSUTAYA TVでは残念ながら配信されていませんでしたが、他に「デビルズライン」を見れる動画配信サービスは5つありました。

調べましたところ、下記の5つの動画配信サービスはどれも無料お試し期間が実施されていましたので、実質無料で「デビルズライン」を視聴することが可能です。もちろん「デビルズライン」以外のアニメや映画、ドラマなども無料期間中であれば無料で見ることができます。

U-NEXTでアニメ「デビルズライン」が視聴できる!!

U-NEXTは月額1,990円と他の動画配信サービスと比較すると高めに設定されていますが、登録から31日間の無料トライアルがありますので無料で利用する事ができます。また、有料の動画を視聴する為に使うポイントも600ポイント付与されるので有料動画も実質無料で視聴することが可能です。また付与されるポイントは有料動画の視聴の為だけでなく、電子書籍や映画チケットの割引クーポンにも活用できます。総動画本数も11万本以上でアニメだけでも2700作品以上を視聴することが可能です。アニメ「デビルズライン」を視聴できるU-NEXTはこちら

Huluでアニメ「デビルズライン」が視聴できる!!

Huluは月額933円料金がかかりますが、2週間の無料視聴期間があります。手ごろな価格で40,000本以上の動画が見放題で視聴でき、月額料金の割に見放題な動画コンテンツ数が多いため、コスパのいい動画配信サービスです。他の動画配信サービスと違ってHulu内の動画は有料動画が無く、登録料金以外に追加料金が請求されないところもややこしくなく、良い点だと思います。アニメ「デビルズライン」を視聴できるHuluはこちら

dTVでアニメ「デビルズライン」が視聴できる!!

dTVは月額500円で利用できるので手軽に始められる動画配信サービスとなっています。総動画本数も12万本以上と多いですが、見放題作品は2万本ぐらいしかなく10万本は有料なものとなっている為、注意が必要です。dTVも31日間の無料トライアル期間が設定されている為、見放題作品は初月無料で楽しむ事が可能です。またBeeTV時代からのオリジナル作品に力を入れているので他の動画配信サービスよりもクオリティの高いオリジナル作品が楽しめるが特徴となっています。アニメ「デビルズライン」を視聴できるdTVはこちらdTV

auビデオパスでアニメ「デビルズライン」が視聴できる!!

「auビデオパス」は月額562円(税抜)の動画配信サービスです。U-NEXTやHuluに比べると月額料金が安いのが魅力の「auビデオパス」ですが、auのユーザーの方でないと申し込みができないため、ご注意ください。auユーザー以外の方でも利用できるようになりました!
30日間の無料で視聴できるお試し期間があります。毎月540円分のポイントが貰えるので大体新作1本を無料で見ることができます。アニメ「デビルズライン」を視聴できるビデオパスはこちら

FODプレミアムでアニメ「デビルズライン」が視聴できる!!

「FODプレミアム」はフジテレビが運営する月額888円(税抜)の動画配信サービスで、フジテレビの作品が豊富です。さらに動画だけでなく、人気の雑誌100誌以上が読み放題となり、書籍全品20%ポイントキャンペーンなどが実施されています。初回限定で31日間の無料期間が実施されています。フジテレビならではの8の付く日キャンペーンなるものがあり、毎月1,300ポイントを得られるので、月額以上にお得に感じます。アニメ「デビルズライン」を視聴できるFODプレミアムはこちら

見どころ

電子書籍でも爆発的な人気を誇る大人気コミック「デビルズライン」(講談社『モーニング・ツー』連載中)が待望のアニメ化!

恋愛、アクション、エロといった異色のダークファンタジーで、主人公の安斎結貴(あんざい ゆうき)とヒロインの平つかさ(たいら つかさ)は出会い、惹かれあう。そんな二人の”鬼”と”ヒト”の究極の恋愛模様に注目!

あらすじ

高い身体能力を持ち、ヒトの生き血を啜る存在――”鬼”。そんな”鬼”とヒトの共存する世界で2人は惹かれあう。そして、その心が近づくたびに、鬼という存在は彼らの距離を遠ざける。
そんな二人を待ち受ける運命とは・・・。

声優

安斎結貴:松岡禎丞
平つかさ:石川由依
李ハンス:木村良平
沢崎孝:細谷佳正
ジュリアナ・ロイド:沢城みゆき
菊原桐郎:櫻井孝宏
牧村武史:神谷浩史
天城那々子:東山奈央
吉井健一:蒼井翔太
朝海洋祐:興津和幸
牛尾直也:逢坂良太
石丸惠巳:石田彰
安斎みどり:浅野まゆみ
安斎 環:宮野真守

スタッフ

原作:花田陵(講談社『モーニング・ツー』連載)
監督:徳本善信
副監督:中野英明
シリーズ構成・脚本:古怒田健志 久尾歩
キャラクターデザイン:川口千里
総作画監督:川口千里 小林利充
アクション作画監督:才木康寛
プロップデザイン:杉村友和
美術監督:黛 昌樹
色彩設計:山上愛子
撮影監督:浅川茂輝
編集:木村佳史子
音響監督:なかのとおる
音響効果:森川永子 林 佑樹
音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ
音楽:澁江夏奈
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:プラチナビジョン
製作:デビルズライン製作委員会

音楽

オープニングテーマ
「Eclipse」
歌:蒼井翔太
作詞・作曲:上松範康(Elements Garden)
編曲:藤間仁(Elements Garden)

エンディングテーマ
「そっと溶けてゆくように」
歌:宮野真守(CV:安斎 環)
作詞:由潮
作曲・編曲:TSUGE

その他

公式サイト(各情報引用元)
アニメ『デビルズライン』公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする