ニル・アドミラリの天秤はdTVやTSUTAYA TVで配信されてない?お得に見れる動画サービスをまとめました

ニル・アドミラリの天秤の画像

「ニル・アドミラリの天秤」が見れる動画サービスは4つ

残念ながら有名どころのdTVやTSUTAYA TV、FODプレミアムでアニメ「ニル・アドミラリの天秤」は配信されていませんでしたが、他に配信されている動画サービスが4つありました。それぞれの特徴と無料で見るための要点やお得な情報をまとめましたのでご覧ください。

U-NEXTで「ニル・アドミラリの天秤」が見れる

U-NEXTは月額1,990円の料金がかかる動画配信サービスです。

動画本数が見放題とレンタル合わせて110,000本以上と日本で最大級の動画本数で、有料作品も毎月付与される1,200ポイントを使うことで2本まで見ることが可能です。

漫画やラノベも330,000冊以上で読み放題の雑誌も70誌以上あり、動画だけでなく電子書籍も楽しめます。

アカウントも4つまで管理でき、年齢視聴制限なんかも設定可能なため家族や仲の良い友達と共有して動画を見ることができるので、月額よりもかなり安く感じます。

現在、31日間無料で見放題に加えて、有料作品を見るのに使うポイントを600ポイント付与されます。見放題対象外の有料作品を見るには500ポイント前後必要となるので、配信されている人気の映画などのタイトルも実質無料で1本は確実に見れます。

「ニル・アドミラリの天秤」はU-NEXTの見放題対象なので31日間の無料期間を利用することで料金を支払わなくても見ることができます。
「ニル・アドミラリの天秤」をU-NEXTで見るにはこちら

Huluで「ニル・アドミラリの天秤」が見れる

Huluは月額933円でトップクラスの40,000本以上の動画が見放題で見れ、月額料金の割に見放題な動画コンテンツ数が多く、コスパのいい動画配信サービスです。

現在、2週間の無料視聴期間があります。全て見放題なので2週間に限り40,000本の作品が無料で見放題になります。

もちろん「ニル・アドミラリの天秤」も見放題の対象なので、2週間の無料視聴期間を利用すれば料金を支払わずに見ることもできます。
「ニル・アドミラリの天秤」をHuluで見るにはこちら

auビデオパスで「ニル・アドミラリの天秤」が見れる

auビデオパスは月額562円(税抜)の動画配信サービスです。

U-NEXTやHuluに比べると月額料金が安いのが魅力の「auビデオパス」ですが、auのユーザーの方でないと申し込みができないため、ご注意ください。

30日間の無料で視聴できるお試し期間があります。毎月540円分のポイントが貰えるので大体新作1本を無料で見ることができます。

「ニル・アドミラリの天秤」はauビデオパスの見放題対象なので30日間の無料で視聴期間を利用することで料金を支払うことなく見ることもできます。
「ニル・アドミラリの天秤」をauビデオパスで見るにはこちら

ビデオマーケットで「ニル・アドミラリの天秤」が見れる

ビデオマーケットは日本で一番配信数が多い動画配信サービスです。その数なんと200,000本以上!と破格の作品数。

毎月付与される540ポイントを使って好きな作品をレンタルできる月額500円(税別)の『プレミアムコース』と540ポイントに加えて見放題の作品を見ることができる月額980円(税別)の『プレミアム&見放題コース』があります。

初めて登録する場合は初月無料で視聴できるキャンペーンが実施されています。また、無料期間中でもポイントが付与されるので有料作品を見ることも可能です。『プレミアムコース』と『プレミアム&見放題コース』どちらを選択しても初月無料なので『プレミアム&見放題コース』がオススメです。

「ニル・アドミラリの天秤」は1話のみ無料で2話目からポイントが必要となります。初月無料の期間と付与されるポイントを利用すればお得に見ることができます。
ニル・アドミラリの天秤をビデオマーケットで見るにはこちら

「ニル・アドミラリの天秤」の概要

あらすじ

時は大正25年。帝都トウキョウ。

華族出身の久世ツグミは、傾きかけた家を守るための結婚を決意したやさき、弟のヒタキが「稀モノ」と呼ばれる、読んだ者に大きな影響を及ぼす本が起こした事件に巻き込まれてしまう。ツグミはこれをきっかけに「アウラ」と呼ばれる、稀モノに宿った情念の輝きが見えるようになるが、混乱する彼女の前に「帝国図書情報資産管理局」通称「フクロウ」と呼ばれる。「稀モノ」を保護・管理する組織の人間が現れ「稀モノ」に関する調査協力を依頼される。ツグミは戸惑いながらも「フクロウ」での「稀モノ 調査に取り組むことを決意するのだが――。

天秤のように揺らぎうつろう一人の少女の運命の物語。

声優

久世ツグミ(クゼツグミ):木村珠莉
尾崎隼人(オザキハヤト):梶裕貴
鴻上滉(コウガミアキラ):岡本信彦
星川翡翠(ホシカワヒスイ):逢坂良太
鵜飼昌吾(ウカイショウゴ):木村良平
汀紫鶴(ミギワシヅル):鈴村健一
鷺澤累(サギサワルイ):櫻井孝宏
久世ヒタキ(クゼヒタキ):村瀬歩
朱鷺宮栞(トキミヤシオリ):夏樹リオ
鴬地啓三郎(オウチケイザブロウ):小林範雄
隠由鷹(ナバリユタカ):緑川光
杙椰(クイナ):宮下栄治
猿子基史(マシコモトフミ):興津和幸
燕野太郎(ツバメノタロウ):榎木淳弥
四木沼喬(シギヌマタカシ):遠藤大智
四木沼薔子(シギヌマショウコ):眞田朱音
柾小瑠璃(マサキコルリ):高橋未奈美
葦切拓真(ヨシキリタクマ):利根健太朗
笹乞藤一郎(ササゴイトウイチロウ):石井真
雉子谷新(キジタニアラタ):西田雅一
百舌山識郎(モズヤマシロウ):荻野晴朗
尾鷲英樹(オワセヒデキ):桜木章人

スタッフ

原作:「ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚」オトメイト(アイディアファクトリー )
監督:たかたまさひろ
シリーズ構成:金春智子
キャラクターデザイン・総作画監督:佐光幸恵
総作画監督:中原清隆、原 由美子
メインアニメーター:安田好孝
プロップ設定:小川 浩
色彩設計:古川篤史
美術監督:楠元裕也(アートチーム・コンボイ)
撮影監督:國重元宏
編集:宇都宮正記
音楽:長谷川智樹
音楽制作:ポニーキャニオン
音響監督:たかたまさひろ
音響制作:セイバーリンクス
アニメーション制作:ゼロジー

音楽

オープニングテーマ
「耽溺ミラアジュイズム」
歌:kradness

エンディングテーマ
「Black Thunder」
歌:下野 紘

その他

公式サイト(各情報引用元)
TVアニメ「ニル・アドミラリの天秤」公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする