「進撃の巨人」はHulu・TSUTAYA・U-NEXTどれで配信されている?

進撃の巨人の画像2

「進撃の巨人」が見れる動画配信サービスは?

主要な9つの動画配信サービスでアニメ「進撃の巨人」の配信状況をそれぞれ調べてみました。
各動画配信サービスでは無料期間がありましたので、そちらと合わせてまとめたのが以下の表となります。

配信サービス  配信状況 無料期間
U-NEXT 31日間
TSUTAYA TV 30日間
Hulu 2週間
ビデオマーケット 初月無料
FOD 31日間
dTV 31日間
auビデオパス 30日間
dアニメストア 31日間
Amazonプライム 30日間
(学生は6か月)

それぞれの動画配信サービスではシリーズ全てに実写映画が見れるものや個別課金が必要となるものがありましたので、下記に各動画配信サービスの特徴と合わせてまとめました。

U-NEXTで「進撃の巨人」が見れる

U-NEXTは月額1,990円の料金がかかる動画配信サービスです。

動画本数が見放題とレンタル合わせて110,000本以上と日本で最大級の動画本数で、有料作品も毎月付与される1,200ポイントを使うことで2本まで見ることが可能です。

漫画やラノベも330,000冊以上で読み放題の雑誌も70誌以上あり、動画だけでなく電子書籍も楽しめます。

アカウントが4つまで管理でき、年齢視聴制限なんかも設定可能なため家族や仲の良い友達と共有して動画を見ることができるので、月額よりもかなり安く感じます。

現在、31日間無料で見放題に加えて、有料作品を見るのに使うポイントを600ポイント付与されます。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズが全て見放題で視聴できます。また実写映画も視聴できますが、こちらは個別課金かポイントが必要となります。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるU-NEXTはこちら

TSUTAYA TVで「進撃の巨人」が見れる

TSUTAYA TVは月額933円で大人向けの作品が豊富です。定額レンタルの宅配サービス「TSUTAYA DISCAS」の月額1,865円とセットで申し込むと月額2,417円とお得に見ることができます。

30日間の無料お試し期間があり、毎月1,080円相当のポイントが貰えます。毎月もらえるポイントは無料お試し期間でも付与されるため、映画などの人気の有料作品も実質無料で3,4本見ることができます。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズと実写映画が全て視聴できますが、個別課金かポイントが必要となります。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるTSUTAYA DISCASはこちら

Huluで「進撃の巨人」が見れる

Huluは月額933円でトップクラスの40,000本以上の動画が見放題で見れ、月額料金の割に見放題な動画コンテンツ数が多く、コスパのいい動画配信サービスです。

現在、2週間の無料視聴期間があります。全て見放題なので2週間に限り40,000本の作品が無料で見放題になります。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズと実写映画が全て見放題で視聴できます。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるHuluはこちら

ビデオマーケットで「進撃の巨人」が見れる

ビデオマーケットは日本で一番配信数が多い動画配信サービスです。その数なんと200,000本以上!と破格の作品数。

毎月付与される540ポイントを使って好きな作品をレンタルできる月額500円(税別)の『プレミアムコース』と540ポイントに加えて見放題の作品を見ることができる月額980円(税別)の『プレミアム&見放題コース』があります。

初めて登録する場合は初月無料で視聴できるキャンペーンが実施されています。また、無料期間中でもポイントが付与されるので有料作品を見ることも可能です。『プレミアムコース』と『プレミアム&見放題コース』どちらを選択しても初月無料なので『プレミアム&見放題コース』がオススメです。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズと劇場版、実写映画が全て視聴できますが、個別課金かポイントが必要となります。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるビデオマーケットはこちら

FODプレミアムで「進撃の巨人」が見れる

FODプレミアムはフジテレビが運営する月額888円(税抜)の動画配信サービスで、フジテレビの作品が豊富です。

さらに動画だけでなく、人気の雑誌100誌以上が読み放題となり、書籍全品20%ポイントキャンペーンなどがあります。

初回限定で31日間の無料期間が実施されています。フジテレビならではの8の付く日キャンペーンなるものがあり、毎月1,300ポイントを得られるので、月額以上にお得に感じます。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズが全て見放題で視聴できます。また劇場版と実写映画も視聴できますが、こちらは個別課金かポイントが必要となります。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるFODプレミアムはこちら

dTVで「進撃の巨人」が見れる

「dTV」はドコモ系列の動画配信サービスで、ドコモ以外の方でも登録できます。

月額500円とかなり安く、12万作品もの業界トップクラスの作品数を誇ります。また、あまり他動画配信サービスで扱ってないような音楽ジャンル系の動画なども充実しています。

31日間の無料お試し期間があるのでお得に視聴することができます。お支払方法はdocomoの方のみ携帯決済が可能です。それ以外の方はクレジットカードまたは、デビットカードが必要となります。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズ・劇場版・実写映画・オリジナルドラマオリジナルムービーコミックが全て見放題で視聴できます。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるdTVはこちら

auビデオパスで「進撃の巨人」が見れる

auビデオパスは月額562円(税抜)の動画配信サービスです。

U-NEXTやHuluに比べると月額料金が安いのが魅力の「auビデオパス」ですが、auのユーザーの方でないと申し込みができないため、ご注意ください。お支払はクレジットカードなしで登録することができます。

30日間の無料で視聴できるお試し期間があります。毎月540円分のポイントが貰えるので実質無料で新作1本を見ることができます。しかもこのポイントは無料期間中でも付与されます。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズと劇場版、実写映画が全て視聴できますが、個別課金かポイントが必要となります。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるビデオパスはこちら

dアニメストアで「進撃の巨人」が見れる

dアニメストアはNTTドコモが提供する月額400円でアニメに特化した動画配信サービスです。アニメ作品数は2000以上と他動画配信サービスと比べると破格の数です。

ドコモユーザー以外の方も登録でき、ドコモの方なら月額料金と一緒に支払うことができるのでクレジットカードが不要です。

現在31日間の無料期間があるので、お得に視聴できます。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズが全て見放題で視聴できます。

アニメ「進撃の巨人」を視聴できるdアニメストアはこちら
dアニメストア

amazonプライムで「進撃の巨人」が見れる

amazonプライムは月額400円で総動画作品数67,000の内、見放題動画は34,000作品と他動画配信サービスと比べると破格のコスパを誇ります。

しかも、年間契約なら3,900円(月計算325円)とさらにお得になります。

動画視聴だけでも破格のコスパを誇るamazonプライムですが、動画以外にも下記のように様々な特典があります。詳しくはこちらをご覧ください。↓
学生に一番おすすめの動画配信サービスはamazonプライム・ビデオ!アニメ本数と特徴を調べてみた

  • Prime Reading
  • Prime Music
  • 無料のお急ぎ便
  • プライム・フォト
  • 会員限定先行のタイムセール
  • amazonパントリー

今なら30日間の無料期間があります。そして、学生ならさらにお得になります。通常30日間の無料期間が6か月となり、その後年会費が1,900円(月額159円)で特典を受けられます。しかも、携帯決済が可能でdocomoやauでのお支払いができるので、クレジットカードのない学生の方でも安心です。6か月好きなだけ動画を見て、退会することもできます。

「進撃の巨人」のTVアニメシリーズと劇場版、実写映画が全て視聴できますが、個別課金かポイントが必要となります。

Amazonで「進撃の巨人」を観るにはこちら

まとめ

  • 9つ全ての動画配信サービスで「進撃の巨人」が視聴できる!
  • dTV』では「進撃の巨人」のTVアニメシリーズ・アニメ劇場版・実写映画・オリジナルドラマ・オリジナルムービーコミックが全て見放題で視聴できる!

上記情報は2018年5月28日の情報となります。詳細は各動画配信サービスにてご確認をお願いいたします。

「進撃の巨人」の概要

あらすじ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は高さ50メートルの巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた…。まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も突如として崩れ去ってしまう……。

声優

エレン:梶裕貴
ミカサ:石川由依
アルミン:井上麻里奈

スタッフ

原作:諫山創(別冊少年マガジン連載/講談社)
監督:荒木哲郎
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:浅野恭司
アニメーション制作:WIT STUDIO
制作協力:Production I.G

その他

公式サイト(各情報引用元)
物語 | TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする