アニメ「図書館戦争」Hulu・TSUTAYA・U-NEXTどれで配信されている?

2008年4月に放送されたアニメ「図書館戦争」が見られる動画配信サービスを調べました。本シリーズは2012年6月には劇場アニメ「図書館戦争 革命のつばさ」が公開され、2013年には実写映画「図書館戦争」、2015年には実写映画の続編「図書館戦争-THE LAST MISSION-」が公開されるなど人気が衰えることのない名作となっています。
そんな名作が見られる動画配信サービスはHuluなのかU-NEXTなのか、色々調べてまとめてみました!

配信サービス  配信状況 無料期間
U-NEXT × 31日間
TSUTAYA TV 30日間
Hulu 2週間
Amazonプライム × 30日間 (学生は6か月)
FOD 31日間
dTV × 31日間
auビデオパス × 30日間
dアニメストア 31日間

TSUTAYA TVでアニメ「図書館戦争」が視聴できる!!

TSUTAYA TVというサービスを使って無料でレンタルする方法をご紹介します。 TSUTAYA TVはCD/DVDの宅配レンタルが月額1,865円(税別)で利用できるサービスとなっています。HuluやU-NEXTのようなTSUTAYA版動画配信サービス「TSUTAYA TV」とセットのプランが月額2,417円(税別)の料金が発生してしまいますが、現在、無料トライアル期間が30日設定されています。 TSUTAYA TVは無料トライアルの入会であっても1,080円分のポイントが付与されるので、このポイントを使うことによって宅配レンタルをお得に利用することができます。 またTSUTAYA TVは宅配レンタルサービスなので、家から出る事なく、DVDをレンタルする事ができます。返却する際も店舗に行かずに宅配で返却できます。
「図書館戦争」は個別課金もしくはポイントが必要となります。
アニメ「図書館戦争」を視聴できるTSUTAYA TVはこちら

Huluでアニメ「図書館戦争」が視聴できる!!

Huluは月額933円料金がかかりますが、2週間の無料視聴期間があります。手ごろな価格で40,000本以上の動画が見放題で視聴でき、月額料金の割に見放題な動画コンテンツ数が多いため、コスパのいい動画配信サービスです。他の動画配信サービスと違ってHulu内の動画は有料動画が無く、登録料金以外に追加料金が請求されないところもややこしくなく、良い点だと思います。
「図書館戦争」は全て見放題で視聴することができます。
アニメ「図書館戦争」を視聴できるHuluはこちら

FODプレミアムでアニメ「図書館戦争」が視聴できる!!

「FODプレミアム」はフジテレビが運営する月額888円(税抜)の動画配信サービスで、フジテレビの作品が豊富です。さらに動画だけでなく、人気の雑誌100誌以上が読み放題となり、書籍全品20%ポイントキャンペーンなどが実施されています。初回限定で31日間の無料期間が実施されています。フジテレビならではの8の付く日キャンペーンなるものがあり、毎月1,300ポイントを得られるので、月額以上にお得に感じます。
「図書館戦争」は全て見放題で視聴することができます。
アニメ「図書館戦争」を視聴できるFODプレミアムはこちら

dアニメストアでアニメ「図書館戦争」が視聴できる!!

dアニメストアはNTTドコモが提供する月額400円でアニメに特化した動画配信サービスです。アニメ作品数は2000以上と他動画配信サービスと比べると破格の数です。ドコモユーザー以外の方も登録でき、ドコモの方なら月額料金と一緒に支払うことができるのでクレジットカードが不要です。現在31日間の無料期間があるので、お得に視聴できます。
「図書館戦争」は全て見放題で視聴することができます。
アニメ「図書館戦争」を視聴できるdアニメストアはこちら
dアニメストア

まとめ

  • 5つの動画配信サービスで「図書館戦争」が視聴できる!
  • Hulu、FOD、dアニメストアは「図書館戦争」が全て見放題で見れる!
    • 3つのサービスで見放題ですが、dアニメストアのみアニメ映画「図書館戦争 革命のつばさ」も合わせて配信されているので、シリーズを通してご覧になりたい方にはうってつけです!
  • 特にオススメの配信サービスはdアニメストア

上記情報は2018年6月16日の情報となります。詳細は各動画配信サービスにてご確認をお願いいたします。

図書館戦争の概要

あらすじ

2019年 (正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を守ることを決意したのだ。やがて、卓越した運動能力と情熱が買われ、郁は、エリートによる精鋭部隊である“ライブラリー・タスクフォース (図書特殊部隊)”に配属されるのだが…。

声優

笠原 郁:井上麻里奈
堂上 篤:前野智昭
小牧幹久:石田 彰
手塚 光:鈴木達央
柴崎麻子:沢城みゆき
玄田竜助:鈴森勘司
稲嶺和市:佐藤晴男
折口マキ:田中理恵

スタッフ

原作:有川 浩(「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」/アスキー・メディアワークス刊 )
キャラクター原案:徒花スクモ
監督:浜名孝行(「テニスの王子様」「ウエルベールの物語」)
シリーズ構成:古怒田健志
キャラクターデザイン:中村 悟
美術監督:池田繁美
アニメーション制作:プロダクション I.G(「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ、「精霊の守り人」)
オープニング・テーマ:高橋 瞳「あたしの街、明日の街」
エンディング・テーマ:Base Ball Bear「changes」

その他

公式サイト(各情報引用元)
図書館戦争 アニメ公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする